副業を行うのであれば、どうしても本業との関係を考える必要が出てきます。
なぜならば、副業を始める前に職場に対して副業を行うことを宣言する必要があるからです。

そもそもが企業として副業を行うことに対して強化があるかどうか、許可されている場合でもどのような服務規定があり、どのような申請が必要なのかにもよります。もちろんのことながら場合によってはどのような副業を行うのかを明らかにし、コンプライアンス上問題ないかを確認する必要も出てくるでしょう。

そして、実際に副業を行うにあたってその次に問題になってくるのは、収入に対しての税金の問題や確定申告、本業との兼ね合いになってきます。
さすがに企業によっては副業に対してどれだけの収入があったかを申告せよと言う事はないと思いますが、確定申告を行う際にはどうしても年末調整等のタイミングで副業収入がいくらあったか、直接職場に報告するわけではなくとも申告が必要になってきます。

そして、何よりも必要になってくるのは自分自身がどの程度の収入を毎月得ることによって確定申告や税金を納める必要があるのかを把握することになってきます。
どうしても企業勤めが長いと市民税は地方税、所得税などすべてのやりとりは企業側で賄ってもらえるためどのようなルールでどの程度収めるべきかがわからないことになってしまいます。

場合によっては、自分自身が副業始めた時にどの程度の収入が予測されるかによって、税務署に相談に行くと言った予防策を行った方が良いのかもしれません。
実際にどの程度の収入があれば確定申告が必要かを自分自身で把握しておくことこそがコンプライアンス上も問題ないと思いますし、自分自身の活動も制約が少なくなり動きやすくなります。

場合によっては、自分自身の納税額をきちんと把握しておき、利用可能な収益を最大化するためにどの程度の収入に収めるべきかを計算することも必要になってくるかもしれません。絶対金額としていくら本業と副業で利用することができるのか、この計算ができれば非常にメリットがあるのではないかと思います。

そして、ここまで明確になれば自分自身のライフプランやマネープランの中に副業収入、そしてそこで必要な税金なども加味した上で仕事を探すことができるのではないかと思います。

経験がないサラリーマンにはなかなか難しいかもしれませんが、実際に行を行う際にはこの辺もきちんと把握しておくことが必要になってくるでしょう。